2014年5月29日木曜日

"Sweetness"(優しさ)今日のメッセージ(May 29)

"Sweet"という言葉、いいなあと思います。
このイチゴ、甘いね!のときのsweet、
わたしの大切な人、というときのsweetheart、
あなたっていい人ね、やさしいわ、素敵ね…というときも、全部、sweet!

このセイント&エンジェルオラクルカードの1枚、"Sweetness"は"優しさ"としています。



(☆過去記事からオラクルカードの画像を削除しています)


子鹿を膝に抱いた天使。
印象的なのは、この青々とした艶やかな翼!
彼女が伝えようとしているのは、何でしょう?



あなたは素晴らしい人ですよ、と語りかけているのが、ひとつ。
あなたの優しさを、自分にも向けてくださいね、というのがもうひとつ。
そして周囲の人に思いやりを持って接することで、あなたもお返しを受け取るでしょう、というのが三つめ。

ガイドブックに書かれているのは、この3つのメッセージです。

絵を見てみましょう。

やはり印象的なのは、青の色が多いこと。
天使の羽根、ドレス、それに水の色、空の色。
それらの青からは、静けさや、落ち着きを感じますし、
まるでプリンセスのように気高い女性からは、高貴さを感じます。
それに、りりしい!

鹿の親子はどうでしょう。

ちょこんと膝に乗った子鹿は、安心しきっていますし、
お母さん鹿もどこか楽しそう。

天使の優しい羽根に護られている、という感じを強く受けます。

では、言葉は?

わたしにとって、"Sweet"はどこかピンク色のキャンディに似た、
幸福感のある言葉です。

でも、名詞形の"Sweetness"になると、ちょっと雰囲気が変わります。

そう、ちょうどこの青い羽根の天使のように。
それはわたしにとって、覚悟のいる言葉。

大人になって、優しい人でいるというのは、ある意味難しい。
優しい人は、ときに人に利用されたり、傷つけられたりします。
だから、いつまでも優しい心、かわいらしい心を持っている人は強いのだと思う。

子鹿を膝の上に乗せていたら、この子を護るために、闘わなければいけないときが来るかもしれないのです…。

そんなことを考えていました。

同じカードを引いても、受け取り方は一人一人違います。
同じカードを見ても、天使が異なるメッセージを送ってきていれば、
受け取るイメージは違ってきます。

エンジェルカードがすごいなあと思うのは、そんな時です。
1枚のカードから、さまざまなメッセージを受け取ることができます。

わたしが今日受け取ったのは、優しさを護る強さ。
逆に言えば、真の強さとは、何か?

みなさんはこのカードを見て、何を受け取られたでしょうか?
ぜひ、みなさんの守護天使からのメッセージを、受け取ってみてくださいね。



0 件のコメント:

コメントを投稿