2014年3月1日土曜日

"Creative Writing"(想像力で書く)ウィークエンド・メッセージ

「頭の中で浮かんだことを日記に書いたり、
短い文章を書きとめたり、本を書いたりする時間を作りましょう」(大天使ガブリエル)

ウィークエンドを前に、ささやかなこのブログを読んでくださる方に、何かメッセージをお伝えできればと思い、大天使カードを引いてみました。
「この週末に心に留めておくとよいことはありますか」と質問したところ、
大天使ガブリエルの伝えるこのメッセージが現れました。


☆ドリーン・バーチュー 日本語公式サイトの規定により、
過去記事からオラクルカードの画像を削除しています。



ドリーンは『エンジェル・メッセージ』(ドリーン・バーチュー著/宇佐和通訳 KKベストセラーズ)の中で、クレアコグニザンス(霊知)について述べていますが、クレアコグニザンスを的確に認識するため、日記をつけるのがいいとアドバイスしています。
「自分との対話を毎日おこない、その内容を日記の形で残しておく」のです。

また、『エンジェル・セラピー』(ドリーン・バーチュー著/宇和和通訳 KKベストセラーズ)の前半は天使からのメッセージを集めてありますが、ドリーンは自動書記によってそれらのメッセージを書いた、と述べています。
書く、ということは天使とのコミュニケーションを取る手段のひとつなのです。

忙しい日常の中で、ノートに何かを書く、ということはあまりないかもしれません。
だからこそ、ときにはゆっくりとノートとペンを前にした時間を持つのもよいのではないでしょうか。

心の中で、天使と対話をしてみてください。
そして、ノートに書き留めてください。
心に浮かんだことは、放っておくと、記憶から消えてしまいます。
ノートに書いておけば、いつでも読み返すことができます。
愛に満ちた天使の言葉は、きっと幾度となくわたし達を励ましてくれることでしょう。

天使はどんな話も受け止めてくれます。
誰にも言うことができなかった話は、天使に言ってみてください。
心の重荷は天使に持っていってもらいましょう。
疲れを癒し、新しい一週間への活力を備えられる、そんな週末が過ごせますように。

Happy*Weekend!



0 件のコメント:

コメントを投稿