2014年3月1日土曜日

食事について。大天使ミカエルのメッセージ

あなたが食事について考えていることに対して、
少しアドバイスをしようと思う。

菜食にするかどうかはあえて決めなくてもいい。
自分の身体に聞きなさい。
必要になれば、あなたは自然に菜食を選ぶかもしれない。
でも今は自分の身体が欲するものを食べていて構わない。

ただ、それがどんな食べ物であれ、一番大事なのは、感謝して食することなのだ。

地元野菜の直売のお店が大好きです。
道の駅でも野菜や果物、地元のお漬け物とか見るのが楽しみ。

植物も、動物も、あなたはそれを食べることで、彼らの栄養とエネルギーを体内に取り込んでいる。
ただ食べるだけが目的になってはいけないし、自分の欲望のためだけに食べてはいけない。
そして、何かの代替物として食べることにも気をつけること。
たとえば、悲しみや、怒りや…。
そうしてしまうと、食事をコントロールすることは難しくなる。

節度を持って食べなさい。
そして、できるだけ自然の形に近いものを食べなさい。
元の形がわからなくなってしまった食べ物を見て、感謝の念を持つことは難しい。
必要なものを必要なだけ食べること。
世界にはまだ十分な食事をすることが難しい地域もある。
誰もが節度を持って食べることで、みなが等しく食物を得ることができる、
そんな世界に一歩近づくことができるのだから。

あなたが最近始めた、まず野菜を食べる食べ方はよい。
食べ方やメニューを工夫して楽しみなさい。
迷ったときには、よりシンプルな方を選びなさい。

わたしたちはあなた方がいつも健康でいられるように願っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿