2014年2月25日火曜日

守られている、ということ。大天使ミカエルのメッセージ

このメッセージを伝えようと思ったのは、
今日、あなたが自分で数日前にノートに書いた言葉、
「守られている、ということ」を見て、「これって何だったっけ…?」と
不思議そうな顔をしたのが面白かったからだ。

まず、今日あった出来事を思い出してほしい。

あなたが守られていることを、知ってほしい。



あなたは体調が悪くて、ゆっくりとしか歩けなかったのに、
一緒にいた恋人はそれに気づかなかった。
あなたはそれを見て、この人って大丈夫かな、と思ったのだったね。

まずあなたに思い出してほしいのは、あなたは自分の体調を告げて、
彼に助けを求めただろうか、ということなのだ。

あなたは天使に助けを求めることは知っている。
自分が求めなければ、天使が助けることはできないのを知っているからだ。
なのに、彼には何も告げることなく、自分の思いを汲み取って自分の望み通りのことをしてもらえることを期待している。
恋人相手だと、なぜ急に相手に求めるハードルが高くなってしまうのだろう。

何も言わないのに察してくれる、というのは簡単なことではない。
一見そうしているように見える人が、見当違いのことをしている、と相手に思われていることだってあるのだから!
相手に伝わる確実な方法を取りなさい。

ひとつアドバイスがある。
二人の人間が手をつないだり、腕を組んで歩くことは、とても意味があることだ。
なぜなら、二人の違う人間がそうすることで、お互いを知ることができるからだ。
一緒に歩くことで、相手の歩くスピードに合わせることをまず学ぶことを考えてほしい。
同じ景色を見ることもできる。
手をつないで歩きなさい。

もうひとつのアドバイス。
お互いがとても大切に思い、守ってあげたいと思っても、
いつも一緒にいられるわけではない。
時代が違うから、彼は剣を持ってあなたをいつも守ってくれる騎士でいることはできない。

しかし、もしあなたが本当に助けが必要なとき、
もし彼に「あなたの助けが必要だ」と告げたなら、
彼はあなたのところに来るだろうか。
答えがイエスなら、彼はあなたを守っているし、あなたを守ろうとしているのだ。
同じことは、あなたにも言える。
あなたは彼を守っているだろうか?

あなたの大切にしている小さな家族たちを見てほしい。
彼らがあなたの元にやって来たとき、いつも彼の笑顔がそこにあったのではないか。
それが、いつも彼はそこにいる、あなたは守られている、ということだと気づいてほしい。
そしてあなたも彼を守っているのだ。



今日、何度も目にした言葉は何だろう。
"ハートフル"、"Peacefull"。
それがあなたとあなたの大事な人との関係に贈る、わたしからのプレゼントだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿