2014年2月11日火曜日

愛について。ケルトの女神オーナのメッセージ

たくさんの人が愛について考えています。
ある人は自分はまだ真実の愛に出会っていないと思い、
またある人は、自分たちの愛は薄れてしまったと悲しんでいます。
そして幸せいっぱいに見える恋人たちも、いつかこの幸せが消えてしまうのではないか、
恋人が自分から去ってしまうのではないかと心配しています。

愛する人を見つけた人は、相手も自分と同じように思っているのか、
あるいは自分だけが夢中になっているのではないかと
いてもたってもいられない気持ちになることがあります。

愛について考えることが、どうしてこんなにも不安や心配な気持ちをかきたてるのでしょう。

ときには自然の中で一人になる。
自分の気持ちを知る方法のひとつです。



愛は強制することができませんし、愛が生まれるのを止めることもできません。

春にはたくさんの花が咲くように、愛は自然に生まれ、自然に育つのです。

ふたつの魂がお互いを見つけたとき、その先に金の指輪があるから二人は一緒にいるのではありません。

金の指輪は結果であって、目的ではありません。
そして終着駅でもないのです。

愛は誰かにその大きさを証明する必要もありません。

今、愛があなたと共にあることを喜んでください。
恋人に贈るべきなのは、高価なプレゼントではなく、あなたの真実の気持ちと心からの笑顔です。

あなたは愛を信頼し、そこから派生する物質的なものは天に委ねてください。
必要なものは与えられ、起きるべきことは時が来れば起こります。

あなた自身が愛なのです。
あなたが誰かを愛することで、あなたが失うものは、本当は何もないのです。
それを思い出してください。



0 件のコメント:

コメントを投稿